RX-7やRX-8などのロータリーエンジンの特質に合ったエンジンオイル選びについて

egoil_newguide.gif

※上記の画像にあるガイドブックを今すぐお申込みされる場合は、このページの最後にある

  ファームからお申込み下さい。

 

tenken_photo.jpg

上記の画像は「ロータリーDr.石井」と呼ばれている私が、
実際に点検しているところの様子です。

このように点検は、常にオーナーさんと一緒にご自分のクルマの状態を
確認してもらいながら行っており、
ほぼ毎日、多くの方々の点検やメンテナンスを行っています。

そんな「現場主義」の私が、これまで長年培ってきた豊富な経験を元に
作り上げたのが「ロータリーエンジンに合うオイル選び入門」ですが、

この入門書を作って無料でみなさんにお届けしようと思ったにのはワケがあります。

それは・・・、

長年、多くのロータリー車を点検してきてますが、

あまりにもエンジンの調子が悪すぎる!” と痛切に感じているからです。

実に、その割合は100%!

100%ですよ!

私、自らが行っている「総合点検」の実績数をご紹介すると

平均的に半年に約、約120台以上のロータリー車の点検を行っています。

そして、そのうちの98%のクルマのエンジンの圧縮を最新の計測器によって測定。

(100%でないのは、圧縮を計測する以前に音でブローしていることが分かったから) 

 

結果は、約80%近くのクルマのエンジンの圧縮が低く

“ エンジンブロー(エンジンの機械的故障)の危険信号が点滅している!”

 

という、非常に恐ろしい結果でした!

 

この点検させてもらった多くの方々は、

エンジンの不調を特に感じることなく、私のところへ来られていました。

 

更には、ほとんどの方々がエンジンオイルも定期的に交換されていました。

 

なのに、この結果です。

 

「・・・それなのに何でエンジンの圧縮が低く調子が悪いのか?」

 

誰しもが思う疑問ですが、

 

実は、この危険信号が点滅している80%の方々には共通点がありました。

 

それは・・・、 

“エンジンオイルの状態が悪すぎる!” という共通点です。

 

エンジンの圧縮を測定した後、必ず、エンジンオイルの状態をチェックしますが、

みなさん、必ずや・・・、

 

  • エンジンオイルの粘度=粘りが全然ない
  • エンジンオイルが真っ黒に変色していて酸化している
  • ガソリン臭がツーンっと鼻に異様につく

 

このような、状態のエンジンオイルを使用していました。

 

このように言うと「交換してから距離走っているんじゃん?」

「あんまり交換していないんじゃん?」と思われることでしょうが、

 

そんなことはありませんでした!

 

中には、確かに全然オイル交換を行っていない方もいましたが、

そんな方は、2〜3%程度で、あとの方々は先ほど話したように

きちんと定期的にオイル交換している方ばかりです。

 

中には、「オイル交換して一週間しか経っていない!」という方も

いたぐらいです。

 

このように、あまりにも酷いユーザー車の現状。
ノーマル車だろうがチューニング車だろうが、この状況は何ら変わりなく

点検すればするほど
「・・・しかし、どこまでユーザーの車が不調なのか?」と疑問に思うようになりました。


この不調の原因は、様々だと思いますが、

私としては、正直なところ・・・・

 

チューニングショップや整備工場などの技術者の技術力の無さ、
トラブル箇所を見抜く力の無さ、


更には

ユーザーの車の現状をろくに確認もせずに、
ただパーツばかりを取付けさせる体制が
この不調を引き起こしている大きな原因と実感しています。


それと・・・、

 

オーナー自身に車の知識が無いことも原因の一つと言える思います。

例えば、チューニングなり不調に悩んで、どこかの店に相談に行ったとします。

その時、カッコのよい専門用語なような言葉でスタッフに説明されて
本当は、何を言っているのかよく分かっていないのに
つい、その雰囲気に流されて提案された作業を依頼してしまう。

こんなことって、結構、多いようです。

結局、みんな、
「車のことはよく分からないから・・・」と言ってお願いしてしまうんです。

結果、失敗に終わるケースが実は、後を絶ちません。

確かに、あなたは、車の専門家、プロではないので
車のことがよく分からなくて当然です!

しかし、あなたに少しの知識があれば・・・、

冷静に判断することができると言う物で、
言いなりにならずに済むと思うのです。

ちょっと厳しい言い方ですが、

結局、何かの作業を依頼してしまうのは、あなた自身と言う事です!



適当な技術でユーザーの車に対応するのは、
いかがなものかとは、思いますが・・・、

あなたには「断る」ことも出来るのです!

 また、最近はインターネット等で様々な情報が簡単に入所できます。

車関連の情報も非常に多く見受けますが、

車も人間と同じように、同じ車種でもそれぞれ違うのです!

そのことを私は十分に分かって欲しいのと
便利になってきましたが「正しい情報がどれか分からない」といった
判断が難しい事態にもなってきていることも警告します。

ただ、私としては、ここで注意を促してたとしても
なんらユーザーの役に立っているのか自分で疑問であり、

本当に少しでもユーザーの方々に本当のことを知ってもらい
愛車に役立ち快調になればと、心から思っています!


そこで、その一つの私なりの活動として

これまでの多くのロータリー車の点検を行って分かった、

最も悪い状態の「エンジン」について様々な観点と
私が現場で得た情報をまじえて解説したガイドブックを
みなさんに「無料」でご提供します!

車は、トータルバランスが大切です。

そうは言っても・・・、

エンジンが壊れると最も費用がかかる部分でもあります。

それと同時に、

みなさんが定期的に交換されているエンジンオイルとエンジントラブルは、
非常に非常に密接な関係です!

 

密接だかろこそ私は、数多くのクルマのメンテナンスの中で

エンジンオイル交換が最も手軽に行えるものでと思います。

 

しかし、無数とも言えるほど発売されているので、

「いったいどれを使っていいのか?」なんて、なかなか分かりません。

 

プロの整備士である私も、オイルの入れ物を見ただけで

良いオイルか悪いオイルかなんて分かりません。

 

そんなエンジンオイルですが、

選択を間違えると、エンジンに大きな悪影響を及ぼしてしまう!

 

手軽にできるメンテナンスが、あなたの愛車の首を絞めている可能性は

非常に高いのです!

そのことをきちんと知ってもらいたくてガイドブックを作りました。

ガイドブックの内容は・・・、

ロータリーエンジンの構造やエンジンオイルの本当の話し、
そして、これまで私が点検してきた実態報告もまじえて

できるだけ、ユーザーの視点にたって分かりやすく、
A4判、全28ページでまとめてあります。

 

但し、無料ですが・・・、

メンテナンスや愛車の現状を知るための点検等に興味のない方は、
ご遠慮下さい!

真剣に愛車のことを考え、少しでも快調にしたい方だけに
「無料」でプレゼントしたいと思っていますので。

 

※無料ガイドブックのお届けは、「Eメール」にてダウンロード先をお知らせします。 

 お申込ご希望の方は、下記のお申込みフォームに必要事項をご入力下さい!   

お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
自宅郵便番号

(例:123-4567)
半角でお願いします。
自宅都道府県(必須)

(都道府県を選択して下さい。)
自宅住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
愛車の車種(必須)
メルマガの配信をしますか?(必須)
希望する
希望しない
(「REメンテナンス道場」のメルマガ配信希望の際は「希望する」を選択して下さい)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。